ストーリー

ドキュメンタリー映画 『バレンタイン一揆』

15(MAIN)

児童労働って?フェアトレードって?
小さな一歩をふみだした、日本の女の子たちの奮闘記。

“チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか?”日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、学校に通うこともできない「児童労働」という現実でした。バレンタインデーに、フェアトレードでつくられた、ほんとうに愛のあるチョコレートを、日本のみんなに選んでほしい。彼女たちは動き出しました。イベントの名は、「バレンタイン一揆」。果たして、彼女たちの想いはみんなに届くのか??これは、児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語です。

ストーリー

ガーナで児童労働の問題を知った、日本の普通の女の子3人は、動き出す。バレンタインに、チョコレートを通して、世界の問題について考えること。フェアトレードでつくられ­たチョコレートをちゃんと買うこと。それこそが、バレンタインにすべき、大切なことなんだ、と。そして、みんなでフェアトレードのチョコレートを買う「バレンタイン一揆」­というイベントを企画。2月11日、「バレンタイン一揆」当日、彼女たちの想いはみんなに届いたのか・・・。

ACE設立15周年記念として制作。

上映スケジュール

吉村瞳 第一回監督作品 
企画:並河進 製作:特定非営利活動法人ACE 
統括 斎藤雅隆 企画協力:森元直枝 富岡洋一
主題歌「僕なんて」音楽協力:Q.,Ltd 株式会社キュー

撮影:小林聡 編集:吉田博 音楽監督:中村公輔 
イラスト:だけまいこ アニメーション:浅見恭平

協力:電通ソーシャル・デザイン・エンジン/ TYO Inc.Camp-KAZ
配給協力:ユナイテッドピープル株式会社
制作:博宣インターナショナル
[ 日本映画/ 2012 年/ 16:9HD /カラー/ 64min]

コメントを残す